特定非営利活動法人 ベストライフ都城

「ベストライフ都城」は
椎茸栽培・その他の軽作業を通じて障がい者の就労能力の継続向上に努めます。
一日でも早く一般企業に就労できるよう指導致します。
無農薬農産品の生産を通じ、消費者に食の安全・安心を提供します。

障がい者就労継続支援事業とは

雇用契約を結び給料をもらいながら利用する。

障がい者は雇用契約に基づきながら一般就労を目指す。

雇用契約に基づき、継続的に就業が可能な65歳未満(利用開始時)の下記の対象者に対し、生産活動、その他の活動の機会の提供、その他の就職に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練・支援を行います。

事業所利用までの流れ

①まずはお電話下さい。

電話 0986-51-5955
見学等の日時を決めます。

②事業所見学

事業所をご案内しながら、訓練、活動内容をご説明します。

③サービスを利用するための手続き

市町村への障がい福祉サービス利用の申請、相談支援事業所へのサービス等利用計画の作成を依頼します。

④サービス利用開始

利用者さんの要望に基づき利用計画書に反映させます。

事業所紹介

作業風景

椎茸作業場♪

開封した後に汚れを落とす(*^^*)

椎茸が出来た
\(^o^)/

椎茸を収穫します
( •̀ㅁ•́;)

椎茸の汚れを取り除きます♪

椎茸の選別作業を行っています♫

パック・袋詰の作業中(^o^)

完成品(^O^)

事務所案内

体験・見学をご希望の方はお気軽にお問合せください。
どんな仕事をしているか、職場の雰囲気を感じてください。

就労継続支援A型の対象者

一般企業に就労することは難しいが、就労能力・意欲があり、雇用契約を結んで、継続的に就労することが可能な65歳未満の方(利用開始時65歳未満の方)。具体的には次のような例が挙げられます。

1.就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった方
2.特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった方
3.企業等を離職した者等就労経験のある方で、現に雇用関係がない方
4.就労能力・意欲があり、自立したい方

※就労継続支援A型事業所を利用するには、原則として『障害者手帳』、『療育手帳』、『特定疾患医療受給者証』などが必要になります。
※市区町村の障がい福祉課などへの申請も必要となります。

お問合せ

会社情報

事業所名:特定非営利活動法人 ベストライフ都城
事業所番号:4510201181
管理者:楠元 順一
サービス管理責任者:永野 洋子
事業所所在地:〒885-0011 宮崎県都城市下川東1丁目1号3番地
設立:平成28年1月
事業開始日:平成28年4月1日
施設名称:就労継続支援(A型)事業所 ベストライフ都城
主たる対象者:知的障がい者・精神障がい者・身体障がい者(視覚・肢体不自由は除く)
電話:0986-51-5955 FAX:0986-51-5966
定員:20名
就業時間:9時〜14時(休憩1時間あり)シフト制
賃金:時給制(県の定める時給に準ずる)
昼食の有無:有(有料) 送迎の有無:有
サービス内容:
 1.菌床椎茸の栽培・採取・パック詰め
 2.施設外就労(清掃・除草の請負事業)
 3.その他軽作業
[公開資料]
●29年度活動明細書